キャッシングカードとクレジットカードの違い

キャッシングをするためには、プロミスやアコム・アイフルなど、いわゆる消費者金融と契約してキャッシング専用カードを作ることが多いです。
ネットで検索して、いわゆるキャッシングと言われているものは、消費者金融という認識が強いと思われます。

そもそも、キャッシングという言葉の意味は、小口の融資を受ける、現金に換えるという意味です。具体的には、クレジット会社・信販会社やキャッシング会社・消費者金融などからお金を借りることです。

次に似たものであるクレジットカードとの違いを説明します。

クレジットは信用という意味です。
キャッシングは上記のようにお金を借りることですが、クレジットカードは買物をツケ払いですることです。
このカードは買物をするための、年会費が無料の場合もあるカードで、買物するさいにこのカードを見せれば、その場でお金を払うことなく商品を購入することができます。お金は後で払えば良い、つまりいツケ払いで良いのです。
またこのカードはたくさん買物するとそれに応じてポイントが付き、ポイントが貯まれば商品や金券などと交換することができます。

通常はキャッシングの機能も付いています。

それじゃ、クレジットカードのキャッシングを使えばいいのでは?と思う人もいるでしょう。
ですが、金利が違うのです。
クレジットカードの種類によって違うので一概には言えませんが、よくよく見ると、クレジットカードのキャッシングの金利のほうが高い場合が多いのです。

ですから、お金を借りたい場合はキャッシング、買物したい場合はクレジットカードというように使い分けましょう。
借り過ぎや使い過ぎになど気をつけて、賢く利用しましょう。