カードローンは安全な借入先と思う理由

先日、大企業や官公庁では、従業員への研修でカードローンは怖いものだというDVDを見せているというような話を聞きました。人から回ってきた噂のたぐいなので確かめようもないのであるが、「必ずしも怖いといえるのか?」と疑問に思いました。

確かに、使い方一つでは確かに身の破滅につながりかねないのですが、利用者全員がそのようなことになっているわけではない。しかし、カードローンは怖いものであるという意識がしみつくのもどうかと思います。

カードローンは、信販会社で展開している他のローンより安全な借入方法です。
借金で破滅する人の多くは、借りるだけ借りて返済しないことが原因ですが、その多くは、そもそも返しきれない金額を借りてしまったり、返済方法を毎月の約定日だけに絞っていることが原因なのです。

確かに、約定日だけに返済していてはなかなか元本は減りません。利息も高いです。ですが、カードローンは繰り上げ返済をしやすい仕組みができているものもあります。
約定日に返済するだけでなく、こまめに繰り上げて返済することで完済までの時間を短縮することができます。契約者自身の判断で返済をして完済を早めることができるのです。カードローンの多くは利用も返済もコンビニのATMでできるのも便利です。

ただし、注意点としては、元本が減ってくる、もっと借りても大丈夫だと思ってしまうところでしょうか。このあたりは、借りクセを直す必要がありますね。

 

返済しやすいというメリットを最大限に使う

カードローンの一番の利点は、借りやすく返しやすいという点です。
とかく利率が高めになるカードローンですが、こまめに返済することで金利負担を抑えることができ目という便利な資金調達手段なのです。

給料日の前にお金が足りなくなって、付き合いを抑えるしかなくなったという経験をした人も少なくないですが、そのような時に借りやすい資金調達手段のカードローンがあれば、次の給料日まで資金を融通してもらうことが可能です。もちろん、給料日には返済するということが前提ですが、このようにすることで安い金利で困った時に助けてもらうことができるのです。

給料日に返済すると、次の給料日の前にまた困ってしまうという人もいます。確かに間違いないのですが、前月臨時出費があった以上、今月は節約に徹するということは必要です。カードローンに頼ったということは、前月の予算オーバーを意味しますから、次の月はオーバーした金額だけ節約するという心構えが必要です。

このような生活習慣をつけることで、困った時にはカードローンを頼るものの、次の月の給料日には返済し、また給料日前に困ったらギリギリまで頑張ってから再度借りるという習慣をつけることで、上手に付き合うことが可能です。