カードローンとクレジットの分割払いの違いは何か

カードローンを借りたときの返済方法を契約書で確認すると、クレジットカードのリボ払いと同様の返済方法となっています。
つまり、毎月の約定金額から利息を控除をし、その残額が元本の返済に充てられるというものです。
そのため、一見カードローンと分割払いは違いがないと言われますが、必ずしもそうは言い切れない部分があります。

カードローンは、随時弁済が容易

カードローンは、随時弁済が容易です。
一般的に分割払いと言われているローンやクレジットカードのリボ払いは、随時弁済ができなかったり手続きが面倒だったりします。
信販会社によりますが、カードローンの随時弁済はコンビニのATMですることができますから、非常に便利です。

随時弁済が容易であるということは、元本を減らすスピードを自分の都合で早めることができるということを意味します。
つまり、資金的な余裕があるときに返済をすれば完済までの期間を短くできますし、当然利息の金額を安くすることができるのです。
他のローンでは、なかなかこのような機動的な返済ができません。

とかく同一視されがちな二つの支払方法ですが、利便性の高いカードローンならではの利点があり、分割払いしかできない他のローンと違いが浮き彫りにされてくるのです。

 

クレジットカードの弁済

クレジットカードでキャッシングすると、その返済はリボ払いのような毎月の分割払いとなります。また、その支払方法は元利均等の返済方法なので、最初のうちは元本が減らず利息ばかり支払っていることになります。
もっとも、カードローンもこの点は同じであり、契約に決められた約定日の返済だけしているのであれば結果は同じです。

しかし、元本が減らなければ随時弁済で減らしてしまうことができるのがカードローンです。家電製品を買う際、現金支払で購入した方が安くできるため、カードローンでキャッシングして購入することが増加していますが、その際もただの分割払いであれば利息支払が先行してしまい、完済までの長い道のりを歩むことになってしまうのに対し、ボーナス等で資金的に余裕がある際に随時弁済をすることで、利息支払を抑えることができると同時に完済までの期間を加速することが可能です。

家電量販店でリボ払いをしたり、ショッピングローンを利用する場合、支払は分割払いとなることが一般的です。
しかし、その際に提示される支払予定表の通りズルズルと支払を続けるより、できるたけ一括払いのような形に近づけることができるカードローンを利用することで、スパッと返済してしまうことができるのです。