消費者金融は審査基準が低いので借りやすいのか?

消費者金融は、審査基準が低いから借りやすいというのは本当なのでしょうか?

こんなエピソードがあります。

ちょっとお金が足りないから消費者金融で借りる

前からどうしても欲しかった高価な買い物をしてしまい、今月はお金が足りなくて困っていました。
給料日までの生活費を借りる為に、いろいろと調べた所、消費者金融が審査基準が低いので借りやすい事が分かったので申し込みをしました。

なるべく早くお金を借りたかったので、インターネット申し込みをしたのですが、本当に申し込みから審査の結果の連絡が早くて驚きました。
審査の結果、契約出来るとの事でしたので、すぐに契約するとその日の内に振込があり、借入する事が出来ました。

わたしが消費者金融の中から選んだのはプロミスだったのですが、選んだ理由は、初回の契約時は、最初の30日間は無利息で借入が出来る事です。少しの間だけ借入したかったわたしには、とてもこの最初の30日間無利息のサ-ビスが良かったです。

また提携している金融機関のATMがコンビニエンスストアにあれば、いつでも借入や返済が出来る点もとても助かりました。
考えていたよりもとても手軽に申し込みが出来て審査基準も低いですし、審査後すぐに振込をしてくれるので、すぐにお金が必要だったわたしは本当に助かりました。こんなに利用しやすくて、便利ならばまた消費者金融を利用しようと思います。

 

審査基準について

消費者金融の審査基準についてなのですが、審査基準が特別に低いというよりは、借りる金額が小さいために、それなりの審査ということがいえると思います。

キャッシングとは専用のカードを用いて、 ATMやCDを通してクレジット会社や消費者金融などから、お金を借りることです。
無利息で借りられる期間がある所も多いです。

保証人や担保は不要で、 運転免許証・パスポートや源泉徴収票さえあれば借りることができます。
なおキャッシングという言葉の意味は「小口のお金を借りる」と言ったことですが、小口だけでなくある程度まとまった金額を借りることも可能です。
また消費者金融は昔と違って信頼できる所が増えました。

上の体験にもあるように、その申し込みから融資までは驚く程にスピーディーです。
インターネットのサイトから申し込みをすれば、「その日のうちにお金が振り込まれる」という所もあります。
これは急にある程度のお金が必要になった人にとって非常に便利です。
その審査については審査はシンプルです。
運転免許証やパスポートなど顔写真が付いた身分証明書と、源泉徴収票など所得証明書を見せるだけです。

なおクレジットカードとの違いとしてはクレジットカードはその加盟店でしか利用できないですし、買い物には便利ですが、直接的に現金を手にすることはできないです。
またクレジットカードは一括払いで、キャッシングは分割払いです。

この点は、関連記事を読んでみて下さい。

カードローンとクレジットの分割払いの違い