ローンの情報

gnouファンドマネーお金とローン情報では、個人で借りられる各種ローンやキャッシングの情報をお届けしています。

お金を借りる時に大切なのは、お金を借りる先のことをよく理解することです。
当サイトの情報が、これからローンやキャッシングでお金を借りる人のお役に立つと嬉しいです。

ローンって何?

銀行のローン

住宅を購入したい時であったり車の購入を考えている時というのはまとまったお金が必要になります。近年では金融業者の種類も増え、お金を借りる方法というのもいくつもあります。しかし、やはりお金を借りる場合には金利というものが気になりますよね。

金利は少しでも低く、返済時に支払う金利は安い方が良いですよね。そこで一般的に利用されるのが銀行ローンです。

銀行ローンの特長

銀行ローンというのは金利の低さではやはりナンバーワンです。ただし、銀行ローンの場合には金利が低いだけでなく同時に審査が非常に厳しくなります。では、銀行ローンの種類について簡単にご紹介します。

銀行ローンの種類

銀行ローンにはいくつか種類があるのですが、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンといったものが最も多くの方が利用しているローンになります。
さらにリフォームプランやフリープランもありますので、自分がどのような目的で利用するのか、ということを明確にしてより目的に合ったローンを利用するようにしましょう。

銀行ローンの審査

銀行ローンは審査が非常に厳しいですが、給与振込口座や公共料金の支払いを行っている銀行であれば、銀行ローンの審査にも幾分か通りやすくなる傾向があると言われています。
これは、取引実績を考慮してくれるという噂ですが・・・実際のところ、住宅ローンなのでは給与口座としての指定があると金利を優遇してくれる銀行もあるようですね。

そう考えると、大きなお金を借りる時には自分のメインバンクを決めておくのもいいのかも?とは思いますね。それでもどうしても審査に通過できずに、緊急で融資を受けたいのであれば消費者金融を利用するというのも良いと思います。消費者金融とはいっても、銀行と変わらないカードローンもあって、昔とはイメージがだいぶ変わってきています。

 

銀行でお金を借りるには

銀行での住宅ローンや車のローンはもちろん、キャッシングやカードローンというのは審査が厳しい、というのは多くの方が抱いているイメージのようです。また、総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れをすることはできなくなっています。

しかし、これは消費者金融やクレジットカードにおけるキャッシング機能を利用した場合にのみ適用される法律になります。そのため銀行などではこの総量規制は適用されません。最近では、銀行の融資も昔のようにお固いだけのイメージではなくなっています。

審査の条件はもちろん書類などにおいてクリアしなくてはならないものはありますが、条件さえクリアすれば、他からの借入を低金利で1本化できるカードローンもあったりします。

審査に通過することができるのかが不安なのであれば、まずは、お試し審査を利用するというのも1つの手段として考えて良いでしょう。

銀行でお金を借りるにはお試し審査がおすすめ

申込みブラックという言葉を聞いたことはありますか?
この申込みブラックというのは、借入における申込みをする際に信用情報機関に利用者の情報が登録されます。

そして、審査に通過できないからといって短期間に何度も銀行における個人融資を申込むと審査に大きく影響してしまうことがあります。
そのため、銀行でお金を借りるにはまずはお試し審査を利用してみるというのがおすすめなのです。

銀行でお金を借りるには簡易的なシュミレーションを実際に行って、審査に通過することができるかどうかをある程度把握しておきましょう。
そうすれば申込みブラックになることはありません。

銀行でお金を借りるにはポイント

銀行でお金を借りるにはこのようにいくつかポイントがありますので、しっかりと覚えておくようにしましょう。
上手に銀行でお金を借りるにはどうすれば良いのかをしっかりと押さえておくようにしましょうね。

 

損害保険会社のローン

損害保険会社が提供するローンというのも最近では登場しています。

損害保険ジャパン日本興亜株式会社が提供する「損保ジャパンのマイカーローン」や、が知名度が高いです。
銀行やクレジット会社とのローンとの何が違うのかと思う人もいると思いますが、マイカーローンという点では大きな違いはありません。
ただし、損保ジャパンのマイカーローンの場合は、銀行の多くが変動金利なのに対して、固定金利でローンを提供しているという特長があります。

 

消費者金融のキャッシング

緊急でお金が必要なとき、簡単にキャシングの申し込みできたら便利ですよね?そんな時にローンより少額のお金を手軽に借りことが出来るのキャッシングです。

昔は、キャッシンやローンの契約というと「窓口に足を運んで審査を受けて」というのが当たり前でしたが、最近ではネット完結型のキャッシングも増えています。無人契約機にも行かないでカードの受取は郵送にして、申し込みの時間帯によっては、当日中にお金が借りられるというのはとても便利ですよね。

はじめてキャッシングを申し込みする時に、審査の待ち時間が少ないというのもありがたいものです。利用する前の注意と使い方については別記事にまとめているので、参考にして下さい。

お金を少し借りたいなら消費者金融

お金をほんの少し借りたい…そんな時にこそ、消費者金融のキャシングが便利です。借り入れの方法というのはいくつもありますが、お金を少し借りたいのであればやはり消費者金融がおすすめです。

特に、足りないのは一時期だけで、すぐにお金が入る予定があるのなら、自由に返済をすることができる消費者金融を選ぶようにしましょう。

お金を少し借りたい時に選ぶポイント

お金を借りた時には、必ず返済をしなければなりません。この返済というのは元金プラス利息を支払わなければなりません。

お金を業者で少し借りたい場合には少しでも早く完済した方が支払う利息は少なくて済むのです。つまり、早く完済することができる可能性の高い小額の借り入れの場合には、自由に返済をすることができ、利息は日割り計算で算出してもらうことができる業者の方が利息の支払額を少なく済ませることができるのです。

借り入れ額が小額でも注意は必要

ただし、お金をほんの少し借りたいからといってどのような消費者金融を選んでも良い、というものではありません。返済方法や利息の支払い額というのは業者によって異なりますので、事前にしっかりとチェックしておくようにしましょうね。

おまとめローン

消費者金融などを利用している方というのは非常に多いと思いますが、1社から借入をしているのであれば問題はありません。
しかし、複数の業者から借入をしているのであれば、返済がややこしくなってしまうこともあります。1社だけからの借入よりも3社からの借入の方が間違いなく返済が面倒になってしまいますよね。

そこで、このような複数の業者から借入をしている場合には金利の支払いだけでも大変です。そのため、おまとめローンを利用するのがおすすめなのです。

おまとめローンによって借入をしている業者を1つにまとめることによって、金利も1つにまとめることができます。金利を1つにまとめることで、返済も簡単になります。

でも1社からの借入額は多くなるんじゃ…

もちろん、まとめるので1社からの借入額は高額になります。しかし、それでも利息の低い業者でおまとめローンを利用すれば便利に効率よく返済をすることができますよ。

おまとめローンはその特長を理解して使えば、借金の返済を効率よく行えるようになります。高額な金利の支払いがあるのなら、おまとめローンに借り換えて金利を下げることも検討しましょう。

 

国民金融公庫

事業などをしているとお金を調達するというのは簡単なことではありません。開業時には、事務所を借りるために保証金が必要ですし、設備等も必要になります。

仮に商品を納品したとしてもその代金をしっかりと回収することができるのか、というとそうではありません。ところが、仕入代金というのはそれまでに支払いを終わらせなければなりません。

つまり、代金の回収よりも先に支払いが来てしまうということです。その結果、資金繰りが困難になってしまうこともあります。そのような時にはやはり借り入れをしなければなりません。

中小零細企業におすすめな借り入れ

中小零細企業に対して簡単に申込みをすることができ、尚且つ審査にも通りやすい金融機関というのはないのか…そのように思いますよね?

金融機関というのは時に残酷なもので、そのように簡単に融資をしてくれることはありません。そこで、国民金融公庫というものがあります。

国民金融公庫

借入れをする際には、借りられるかどうかがなによりも重要なことです。金利や融資機関といった条件も大きな問題になりますよね。

そこで国民金融公庫が便利なのです。この国民金融公庫というのは借りやすく低金利で融資期間が長いということです。なかなか融資を受けることができなかった企業でも国民金融公庫であれば融資をしてもらうことができるかもしれません。